歌うこと! 楽しむこと!

約10年前に横浜市藤が丘で誕生したゴスペルグループです。
現在は長津田のスタジオに場所を移し、とにかく歌を楽しむことをモットーに、月に2回プロの指導を受けて練習しています。
アップテンポでノリのいい曲や、しっとりとしたバラードなど、様々な曲調が楽しめるゴスペル。
ときにシャウトしたり、ときにステップを踏みながら、自分の感じるままに音楽を表現できます。

メンバーは若いママさんから、子育て卒業世代まで、幅広い年代の女性達。
家では普通の主婦ですが、歌う時はゴスペルシンガーになりきります。

年に数回は、ゴスペルの合同コンサートや、地域のイベントなどにも出演しています。



随時メンバーを募集中!!

メンバーはほとんどがゴスペル初心者。
楽譜が読めなくても、英語が苦手でも、歌うことが好きならまったく問題ありません。
ゴスペルを肌で感じてみませんか? お気軽に見学に来てください。
お問い合わせはメールかお電話で。


講師のご紹介

嶋田トオル

コーラスグループ『サーカス』を経て、1988年よりソロ活動とともにアカペラグループGo-rillaでの活動を開始。
堺正章、谷村新司らのコンサート、ディナーショーにもヴォーカルとして出演している。
アメリカの教会でゴスペルを学び、現在キッズを含む10のゴスペルグループと3つのアカペラグループを指導。
また、ヴォイストレーナーとしてプロ歌手・専門学生等を指導したり、CMソング制作、多重録音を駆使し1人で何声ものパートを歌い分ける楽曲制作等、活動は多岐にわたる。

ゴスペルとは?

アメリカ大陸に連行され自由を剥奪されたアフリカ人が、神に賛美を捧げるために歌ったことが始まりとされているが、現在では音楽のひとつのジャンルとして認識されている。
ゴスペルは英語で「福音」および「福音書」を表し、「God Spell」(神の知らせ)→「Good Spell」(良い知らせ)が変化した言葉だという説もある。
日本では、1992年の映画「天使にラブソングを」のヒットにより、映画の中で歌われている「Oh Happy Day」がゴスペルブームの火付け役となった。
このページのトップへ